メニュー
  1. 京都吉兆贈りものTOP
  2. 吉兆のだし ものがたり

吉兆のだし ものがたり

吉兆のだし 極みの濃いだし

食塩や醤油を加えず、
化学調味料・酵母エキス・香料なども不使用 無添加のだしパック。
厳選した国産の天然素材[本枯鰹節]と[羅臼昆布]のみで仕上げたうま味たっぷりの “本物の味”。

商品購入ページへ

吉兆のだし

商品購入ページへ

商品誕生秘話商品誕生秘話

“本物の味”をご家庭に“本物の味”をご家庭に

小さな日本料理屋として、昭和5年(1930年)に開業し、まもなく90年を迎える「吉兆」。
創業者・湯木貞一は、茶の湯(茶道)を極め、日本料理に ‘美しい季節の移ろい’や ‘もてなしの心’ を取り入れた第一人者。その功績が認められ、1981年には日本料理界で初めて、紫綬勲章を受章。1988年には文化功労者の顕彰を受けました。

そんな湯木が生前、気に病んでいたのは、戦後、家庭に並ぶ料理が西洋風に変わっていったこと。「日本料理屋が料理を極めたところで、家庭から和食が消えてはいけない」と、『世界の名物 日本料理』をモットーに、世界を見据えた日本料理の発信や、家庭に向けた料理本を残すなど、幅広い活動に精を出し、その想いを後継者に託しました。

 

現在、京都吉兆では、『日本料理を通じた世界や未来の人々に必要とされる 日本文化の創造』を使命とし、あらゆる食の開発に力を入れています。

現代の家庭料理に目を向けたところ、顆粒だしや味付けだしなどの普及により、昆布や鰹節で出汁を引く機会が減り、“本物の味”を次世代へ引き継ぐことが難しくなっていることに気がつきました。そこで、ご家庭にて風味豊かで ‘うま味’ の濃い“本物の味”を今一度知り、手軽に取り入れて欲しいと願い、商品開発を開始。その結果、無添加に仕上がり、離乳食や介護食としても安心して使用いただける、だしパック「吉兆のだし」が誕生しました。

日本料理に欠かせない ‘ だし’ を、ぜひお気軽にお使いくださいませ。

 

「吉兆だし」のこだわり「吉兆だし」のこだわり

極み+濃いだしのヒミツ極み+濃いだしのヒミツ

  • 一、“本物の味”を追求した結果、
    無添加の「極みだし」に挑戦

    料理屋では、二種類の出汁を料理内容に応じて使い分けます。
    前日から仕込んだ昆布と、直前に削った鰹節から引く‘一番出汁’と、その後さらに煮出す‘二番出汁’です。一番出汁は、うま味を瞬時に引き出すため、上品で香り高く、出汁の味を味わう吸物などに。二番出汁は、うま味を時間をかけて引き出すことで、凝縮させた深みがあり、様々な食材や調味料を加える煮物や味噌汁などに適しています。

    そのため幅広い家庭料理には、‘二番出汁’、つまり「濃いだし」が向いていると考え、昆布と鰹の ‘うま味' を深く引き出す方法に着目。近年、食材の長期保存や香り付けなどの効果を出すため、一般に多く使用されている化学調味料や酵母エキスをあえて含まず、天然素材のみで仕上げる製法に挑戦。試行錯誤を繰り返し、食塩・醤油も含まない無添加の「極みだし」を作り上げました。

  • 一、厳選した国産の天然素材
    「本枯鰹節」と「羅臼昆布」
    を使用

    食塩や醤油、余分なものを加えず、「濃いだし」に仕上げるために、素材選びも徹底。良質な食材を何度も比較した結果、天然の最高級食材を厳選しました。

    鰹節は、静岡県 焼津産・鹿児島県 枕崎産 又は 山川町産の鰹を、季節や漁獲量に合わせて選び、コクを深くめるために、カビ付けを数回繰り返しじっくりと乾燥・熟成を進めた「本枯鰹節」を使用。昆布は、濃厚な出汁に最適な天然物の「羅臼昆布」を使用しています。

  • 一、テトラパックを用いることで
    ‘うま味’ を最大限に引き出し
    「濃いだし」を実現

    ‘うま味’をじっくり引き出す加工製法を考案し、最高級食材を揃えたうえで、より「濃いだし」を極めるために、ピラミッド型のテトラパックを採用。

    一般的な四角型パックに比べて体積が大きいため、鍋のお湯の対流でパックが泳いだ際に成分がまんべんなく抽出され、素材の ‘うま味’ と ‘香り’ がしっかりと引き出されます。

 

「吉兆だし」活用レシピ「吉兆だし」活用レシピ

“本物の味”を楽しむ

だしの取り方

調理する料理に合わせ、取る出汁の濃度をお使い分けください。
「基本だし」はめんつゆ・鍋ものなど、「濃いだし」は煮物・味噌汁などがおすすめですが、ご家庭のお好みの味に合わせて調整ください。

基本だし
  1. 〔1〕水400mlを鍋に入れ、湯を沸かす。
  2. 〔2〕沸騰したら、だしパック1袋を入れ、中火で3分煮出す。
  3. 〔3〕パックを取り出して[基本だし]約300mlが出来上がり。
濃いだし
  1. 〔1〕水500mlを鍋に入れ、湯を沸かす。
  2. 〔2〕沸騰したら、だしパック2袋を入れ、中火で3分煮出す。
  3. 〔3〕パックを取り出して[濃いだし]約400mlが出来上がり。

だしがらの
活用方法

だしを取り終えたパックを破ると、だしがらが1袋当たり約30g取り出せます。最高級食材のみ使用の[うま味調味料]として最後までお使いいただけます。
〔活用例〕だしがら 約30gに、めんつゆ約大さじ1を加え、水分がなくなるまで炒めると、おいしいふりかけの出来上がり。

おすすめレシピ

出汁を味わう料理レシピをご紹介いたします。
食塩や醤油を加えず、素材のみで仕上げた無添加のだしパックだからこそ味わえる逸品です。
離乳食や介護食、体が疲れている時などにも大変おすすめです。


 
表示内容
原材料名 かつおぶし(国内製造)、こんぶ
内容量 40g(8g×5袋)
賞味期限 製造日より常温保存1年
保存方法 直射日光 及び 多湿をさけて常温で保存させてください
アレルギー なし

栄養成分表示:1袋(8g)当たり

熱量
26Kcal
たんぱく質
4.8g
脂質
0.2g
炭水化物
1.2g
食塩相当量
0.2g

※ 上記表示値は、目安となります。

[単品商品]

“本物の味をご家庭で―”

簡単にうま味たっぷりの出汁がとれる だしパック 5袋入。
中には、おすすめレシピ付のしおりが同封されています。

1,000円(税込1,080円)

商品購入ページへ

[進物商品]

“大切な方への贈りものに―”

京都吉兆の自信作、「吉兆のだし」「ごま七味」「エキストラヴァージンオリーブオイル」がセットとなりました。
季節のご挨拶や各種お祝い事に大変おすすめの商品です。

4,700円(税込5,076円)

商品購入ページへ

上部へ戻る