メニュー
  1. 京都吉兆贈りものTOP
  2. 京都吉兆 お持たせのはじまり

京都吉兆 お持たせのはじまり

昭和三十年頃、京都吉兆 嵐山本店にお越しいただいたお客様にご家族へのお土産にと、琵琶湖の氷魚(鮎の稚魚)を山椒を効かせてさらりと炊いた「さざなみ」をお渡ししたのが、京都吉兆のお持たせのはじまりです。

その後、“家庭においても日本料理を楽しみ、守っていってほしい”という創業者・湯木貞一の想いから、煮魚や西京焼、お茶漬など、素材を厳選し、吉兆こだわりの調理法で日本の味をご提案してまいりました。

京都には、日常的に “ちょっとした贈り物をする習慣” があります。これは、人と人のつながりを大切にし、互いの幸せを願う京都人としての心遣い。

皆様と京都吉兆との出会いにより、食を通じ、大切な方々とのご縁がより深まりましたら幸いでございます。

京都吉兆の歴史

吉兆のはじまりは、御鯛茶から

「吉兆」は、創業者・湯木貞一が昭和5年 ( 1930年 )、
「御鯛茶處吉兆」という名の小さな店を大阪に出したことからはじまりました。
店名にもある“御鯛茶”は、鯛の刺身にごまだれをかけた、当時では新しい味でしたが、
やがてお店の評判料理の一つとなり、多くのお客様に親しまれてきました。

当オンラインショップにてご用意しております「御鯛茶」は、創業の味を守りながら
鯛は九州沖・玄界灘の荒波で育った真鯛を獲ってすぐに氷締めし、鮮度を保ったまま醤油で下味を。
特製ごまだれは、油脂分が多く良質種の一つといわれるホンジュラス産の白ごまを炒りたての状態ですり、
醤油・日本酒で調味しました、京都吉兆秘伝の味に仕上げております。
熱々の黄金だしで、ぜひお楽しみください。

御鯛茶(4食入)

5,000円(税込5,400円)

胡麻鯛茶 と 紫蘇鯛茶 がお楽しみいただける4人前のセット。
ご自宅遣いとしてもおすすめです。

商品詳細ページへ

御鯛茶(6食入)

7,000円(税込7,560円)

胡麻鯛茶 と 紫蘇鯛茶 がお楽しみいただける6人前のセット。
お歳暮・お中元にも最適です。

商品詳細ページへ

京都吉兆 お持たせのはじまりは、氷魚の山椒煮さざなみから

元来、京都吉兆 嵐山本店にお越しいただいたお客様にご家族へのお土産にと、
琵琶湖の氷魚[ヒウオ](鮎の稚魚)を山椒を効かせてさらりと焚いたたものが、京都吉兆商品のはじまりです。

当時は、琵琶湖の湖畔に鉄鍋を持ち込み、
生きた獲れたての氷魚を醤油、酒、みりん、地の実山椒などで豪快に焚き上げており
その間、琵琶湖の湖畔にさざなみが立っていた風景より“さざなみ煮”と名付けられました。

今では多くのお客様よりご要望いただき、漁獲量の関係より、
国産ちりめんじゃこを使用、変らぬ味を守り続けております。
おにぎりや茶漬、炒め物など、ご自宅でも幅広くお使いいただける他、
“京都吉兆のちりめん山椒”として、お出掛けの際のお手土産や贈りものとしてもぜひご使用くださいませ。

本さざなみ煮(硬め)お試し用

450円(税込486円)

定番の逸品、京名物ちりめん山椒がお手軽なパックでWEB限定商品となりました。
贈りものを検討される際のお試し用やご自宅遣いにどうぞ。

商品詳細ページへ

本さざなみ煮(硬め)手土産用

1,200円(税込1,296円)

定番の逸品、京名物ちりめん山椒をかわいいパッケージでご用意。
お手土産や簡単なお返しにどうぞ。

商品詳細ページへ

本さざなみ煮(硬め)贈り物用

5,000円(税込5,400円)

定番の逸品、京名物ちりめん山椒を贈りもの用におすすめの木箱入りでご用意。
大切な方への贈答品としてどうぞ。

商品詳細ページへ

上部へ戻る